なんとなくSolaris

Solaris 8でのNE2000互換ネットワークカード

Solarisは既にNE2000互換製品のサポートを止めたようで、Solaris 8 Intel版(7/01)では自動認識しないのはもちろん、ドライバも同梱されていない。

結局、How do I get Solaris to recognize a NE2000 compatible NIC card?に従って、以下のようにした。

  1. FreeBSDやWindows上で、ネットワークカードのI/Oレンジ(port)とIRQを確認し、メモ。
  2. 私の場合、
    ed0: <NE2000 PCI Ethernet (RealTek 8029)> port 0x7800-0x781f irq 11 at device 12.0 on pci0
    だったので、/kernel/drv/nei.confを作成し、以下のように記入。
    name="nei" parent="isa" reg=1,0x7800,0x1f interrupts=11;
  3. /etc/hostname.nei0を作成し、IPアドレスを記入。
  4. Solaris 7用の/kernel/drv/neiftp://sun.drydog.com/pub/solaris/nei-i86pc-solaris5.7.zipからダウンロードして解凍し、所定の場所に置く。
  5. add_drv /kernel/drv/nei; devlinksと打ち、エラーがないことを確認して、touch /reconfigure; reboot
Written: Sat Nov 3 JST 2001

Tekram DC-390U(Symbios 875)

Solaris 8 IAでTekram DC-390Uを使うと以下のようなエラーになる。

scsi: [ID 365881 kern.info] /pci@0,0/pci1de1,3904@a (ncrs0):
	Symbios 0x000f/0x03 not supported.
scsi: [ID 107833 kern.warning] WARNING: /pci@0,0/pci1de1,3904@a (ncrs0):
	glm_config_space_init failed
scsi: [ID 107833 kern.warning] WARNING: /pci@0,0/pci1de1,3904@a (ncrs0):
	attach failed

Answerbookに書かれているが、チップのrevisionが古いものには対応してないようだ。

そこでTekramのサイトからSolaris 8用のドライバをダウンロードして入れてみると、("pci1000,f") already in use as a driver or alias.になってしまう。さらにadd_drv /kernel/drv/dc390uwfしてみても、Warning: Driver (dc390uwf) successfully added to system but failed to attachにしかならない。

なので、rem_drv ncrs; rem_drv dc390uwf; ./add390x; rebootする。

Written: Wed Nov 7 JST 2001
トップページ
このページはXML文書をXSLT(XT+Xerces-J)によってHTMLに変換している。